就職・留年関連

大学を留年したら奨学金はどうなる?学費が払えない時の対応とは

奨学金で大学に行っていたのに、留年をしてしまった・・・・。そんな人って結構いるんですよね。

というか、多くの大学生は奨学金を使用して大学に行っているのが実態だし。

さて、今回はそんな留年した時に奨学金は一体どうなるのか、という話と学費が払えない時の対応についてになります。

Sponsored Link

大学を留年した時の奨学金について

まず、受けている奨学金の種類を調べましょう。

日本学生支援機構の場合、貸与を受けている留年生なら一年間の休止状態となり、進級後に貸与再開。

他にも国、大学、地方自治体が独自で展開している奨学金についてはそれぞれに聞いてみるしかありません。

ただ、大抵は留年した時点で一旦貸与は休止される、または廃止されてそれ以降は貰えない。

このどちらかになりますね。

在学生が貸与資格を廃止される可能性ってあるの?

日本学生支援機構で受けているのであれば、先ほど上で触れたように一年間の停止で済みます。

これは日本学生支援機構の質問にもある答え。

○留年すると奨学金はどうなりますか。

留年中は貸与が停止されます。

進級時に「奨学生学修状況届」(所定の様式 )を提出してください。

確認 のうえ、奨学金を復活(再開)します

出典:日本学生支援機構奨学金 Q&Aより

というように、ただただ停止。

念の為に学生課に行き、提出書類などがあるか確認しておきましょう。

4年生で大学を留年した場合

これはすでに貸与年数を終えているため、日本学生支援機構からはこれ以上貸与はありません。

そのため、次に待っているのは返済です。

 

しかし、4年生で留年をした場合は提出書類の「在学届」というものを大学側に提出することで、返済の猶予を伸ばせます。

必ず、この「在学届」を大学に提出することを忘れないで下さいね。

そうしないと4年生の人は返済がやってきますから。

 

留年からの中退を決意した時の対応

大学生を中退する

留年して中退を決意したのであれば、速やかに大学の学生課等に行って、指示に従ってください。

大体は必要書類の説明をされて、いつから返済が始まるのか、という重要な話を聞かせてくれます。

 

なお、中退すると就職において不利が付くのか、付かないのかということは、コチラの記事に詳しく載せてあります。

大学中退が就職に不利って本当?面接時に理由は伝えるべきなのか

 

中退を親に知らせたくない人もいるでしょうが、中退は必ず知らせるべきです。

その理由を詳しく載せてあるのはコチラ。

大学中退時に親を説得する理由と方法!内緒だけは絶対に止めておけ!

実際に退学届を出す場合の詳しい手順はコチラからどうぞ。

大学中退時の退学届の書き方と理由について!再入学って可能なの?

 

奨学金は返済が厳しい時に猶予のお願いができる

これは大学でやれないのですが、返済が厳しい場合は給与明細等を発行して日本学生支援機構に猶予を貰えないか、と希望することができます。

これが通ると1年間(合計10年)は返済を待ってもらうことが可能。

ただし、カッコ内にあるように合計で10年まで

それ以降は問答無用で取り立てがやってきますよ。

Sponsored Link

学費が払えない場合の対応とは

学費が払えない場合は、まず大学へ相談。

それと共に、分納or延納の選択を説明されます。

それでも厳しい場合は本人が一年休学して、アルバイトなどで学費を稼ぐしかありません。

 

何しろ、留年して奨学金は止まっているのですから。

あと、もうひとつは教育ローン

ただ、教育ローンは親にも自分にも負担を強いるので、あまり利口な方法ではありませんね。

 

教育ローンを使うなら、アルバイトと講義を両立し、分納か延納で済ませる方がいいです。

通常のバイトに合わせ、期間限定で高単価バイトを組み込めば1年分の学費はすぐ溜りますからね。

 

大学の学費を滞納するとどうなるのか?

問答無用で除籍・退学処分です

一度、遅れたくらいなら催促や呼び出し程度ですが、頻繁に発生すると最後通告がやってくるでしょうね。

流石に、そんな話は私の周りでは聞いたことありませんが、そうなるでしょう。

なので、学費がマズイ、という認識をしているなら、留年しないか早めに大学に相談しておくべきですね。

 

ここまでの留年と奨学金問題のまとめ

  • 日本学生支援機構の奨学金なら留年は一年間の停止のみ
  • 貸与が終了している留年生は「在学届」を大学へ提出する
  • 中退を選んだ場合は大学側に連絡を取り、貸与停止をしてもらう
  • 中退後、返済に厳しい場合は返済猶予制度もあり
  • 学費が払えないなら、分納・延納・休学を視野に入れる
  • 学費を払わないと除籍・退学処分を食らう

結構、厳しい内容がズラリと並んでいますね。

さて、次は僕のように奨学金が無くなる、止まる、さらには学費が払えない。

こんな時に、支払うべき大学の学費を現金で稼いでしまう方法を僕の実例付きで紹介しますね!

 

止まってしまう奨学金に頼らず大学の学費を稼ぐ具体的な方法

  1. 高額アルバイト
  2. パチスロのハイエナ(今の時代はやらなくてOK)
  3. ネットで本やマンガをセット売り
  4. ブログで収入を得る

僕はこの4つの方法を駆使して、残っていた大学時代を過ごしていました。(結果的には休学→中退のコンボを決めますが)

全てを並行していたわけじゃなく、ある時は高額バイトを、ある時はネットで物を売ることを、というように使い分けていました。

そして最終的に落ち着いたのが、今もあなたが目を通してくれている4番目のブログだったのです。

 

大学生の素人ライターがブログでお金を稼げるのか?

今だからこそハッキリ言いますが稼げます

しかし、ブログを始めた当時は稼げないんじゃないかと、僕も不安な気持ちでいっぱいだったのは間違いありません。

これはウソ偽りの無い正直な気持ちです。

 

さて話を切り替えて、文章というとプロのライターさんが書くようなものをブログに載せなきゃと、考えるかもしれません。

でも、今あなたが読んでいる僕の記事は、プロのライターさんと比べてどうでしょうか?

なんだか素人くさいなぁ・・・って感じましたよね。

 

実は、ブログは文章表現の力がすごくなくても、意外と稼げてしまうのです。

しかも、僕が月2万円~3万円を1つのブログで稼ぐのに書いた記事は、僕自身の体験談か興味を持っていたジャンルが中心。

そんな状態から、僕が大好きな趣味で大きな金額を稼ぐチャンスを掴むことになったのでした。

 

趣味のマンガをブログで取り上げて月収30万円を稼いだ

お金は人を狂わすなんて言いますが、良い意味で僕の価値観を壊してくれたのが、やっぱり愛読するマンガたちです。

このブログとは違うマンガ関連のブログで大きな金額を稼いでいた時には、在籍期間の関係で大学を中退してましたが、ブログを書くことは止めていませんでした。

 

ブログの収入は月に数万円は常に入ってくる状態で、私立の学費で表現すれば1年の半分の学費は苦労せず稼げるくらいに成長済み。

その状態でもいろいろと理由があって生活自体は問題なかったのですが、そろそろ大きく稼ぎたい。

 

ということで、マンガの中でも電子書籍に関しての広告を押しつつも、自分が楽しめるブログを作ることに没頭。

そうしたら一気に爆発を巻き起こし、なんと作って3ヶ月で月間50万PV+売上で30万円オーバーを記録してしまったのです。

 

気づけば大学の学費で使った奨学金の返済はブログで支払っていた

僕は月々15,000円近くの奨学金の返済をしています。

毎月ゆうちょ銀行から一定の金額引き落とされるのはイヤですが、決まりなので仕方ありませんよね。

でも、僕自身はそんなことを気にせずにマイペースにブログ運営をして、奨学金の返済+各種税金+生活費+趣味代を稼げるようにまで成長しています。

 

気づけば僕の2018年の前半は、沖縄、北海道に2回、さらには京都に福岡と日本の端から端まで行き来する人生となりました

きっと、あなたにとっては遠い存在が語っているように聞こえてしまうかもしれません。

しかし、今からブログを書き始めていくと、気づけば僕のように奨学金を苦労せず返済できるくらいまでに成長できます。

 

ブログ1本で稼ぐとなるとプレッシャーも大きくなるので、今はバイトと並行して稼ぐということでも問題ありません。

バイトで月8万円でブログは月2万円稼げれば、肉体・時間・精神的はバイトのみで稼ぐより、とても余裕を持てます。

 

でも、ブログの作り方とか稼ぎ方なんてわからないし・・・というなら

現在、僕はブログで稼いでいけるようになるための無料マニュアルを作っています。

そこで、あなたも僕が作ったブログで稼ぐための無料マニュアルを手に入れてみませんか?

僕のマニュアルはプロトタイプの段階で、多くの人に見てもらい意見と感想を取り込んで改良している段階です。

 

最終的には有料で販売する予定なので、マニュアルのアップデートが終われば、このお話も無くします。

すでに多くの意見と反応をもらっているため、遠くない内に僕のマニュアルは無料から有料へ切り替わっていくでしょう。

 

もし、あなたが少しでもブログで稼いでみたい!

と、この記事で考えたのであれば、僕の無料マニュアルを読んでブログを書くか、書かないか選ぶのでも遅くはありません。

 

合わないと感じたらブログ以外の事でお金を稼ぎ、大学の学費に当てるルートも残っています。

ちょっとでも僕の話でブログに対して興味が湧いたのなら、ぜひ僕の無料マニュアルをこちらからゲットしてくださいね!

稼ぐブログが作れる無料マニュアルGETする!