ニュース・生活・文化など

浅岡肇という独立時計師が作るトゥールビヨンの価格がヤバイ!

時計

高級時計というと大体出てくるのがロレックス。

値段としては64,5万円くらいでしょうか。

他にはタグ・ホイヤーとかフランク・ミュラー。

もっと挙げようと思えば沢山あります。

今日、たまたまバーっと見ていたら滅茶苦茶高い時計を見つけました。

どうやら、その時計を作っている人は世界でもトップクラスの人らしい。

Sponsored Link

浅岡肇とは誰なのか

一言で済ますと、滅茶苦茶凄い

時計を作り上げる職人さん。

そして、浅岡さんと同じ独立時計職人として

時計の世界で有名なのが菊野昌宏さんです。

さて、浅岡さんの経歴を話すと

1992年に独立でデザイン事務所を設立。

腕時計などのデザインを行うことで、

時計に興味を抱き始めたそうです。

そして、その興味は製作へと結びつき、

気づけばトゥールビヨンを

搭載した時計を作り出しました。

全てがハンドメイドで作られるから価格が凄く高い

外見からして非常にシンプルなのに、

色合いや素材もあって美しくカッコイイ腕時計。

この動画を見ていると欲しくなってしまいます。

しかし、そこは高級品と呼ばれる時計。

値段がぶっ飛んでいます。

上記の動画で撮影されている

Tourbillon#1のお値段は682万5000円

大体、プリウス3台分くらい。

並みのサラリーマンの年収じゃ

1年半~2年半はゴッソリ持って行かれます。

Sponsored Link

機械式時計の仕組みについて

通常の時計の構造は香箱車→

2番車→3番車→4番車という

構造になっています。

香箱車は動力源のゼンマイを収納、

2番車は60分で一周するように分針・時針を制御。

3番車は2番車と4番車の調整役で、

4番車は60秒で一周するように秒針を調整。

さらに、4番車の後に調速機で

規則正しい往復回転運動を繰り返させる。

一方で、脱進機が調速機の基の

テンプに往復の力を与えると共に、

規則正しい振動で制御。

文字で表すと、全く何がなんだかわかりませんね。

下記動画を見るとよりわかりやすいと思います。

その機械式時計の最高の仕組みがトゥールビヨン

詳しくはwikiのトゥールビヨンを

読むほうがよりわかると思います。

関連リンク:トゥールビヨン

一言で表すと、上記の機械時計の

内部機構造を全て動かして、

重力を分散させる仕組み

これにより、機械時計の弱点である

姿勢による時計の狂いを

解消することができるのです。

トゥールビヨンの仕組を考案し、実行したのが

18世紀のアブラアム=ルイ・ブレゲという人。

年代で言えば1700年代で、

丁度産業革命が始まったくらいに活躍したそうです。

この人のお陰で時計の歴史は

200年早くなったとか言われています。

まとめ

可能なら、一度でいいから手につけて出歩いてみたい。

それだけの魔力を帯びている時計だと個人的には思います。

ただ、年間10本ほどしか作れない、とのことなので

入手するには相当難しいかもしれません。

他にも、同様に同じ独立時計職人の方がいます。

彼もまた数千万円の時計を年に数本作り、

しかもその予約は常に満員。

その名前は菊野昌宏さん。

関連記事→菊野昌宏が作る時計の購入方法や価格について

素晴らしい時計を作っている人ですよ。

他にも日本ではそこまで有名ではないですが、

世界的にも有名なNASAで賞を取った建築家の曽野正之さん。

【建築家】曽野正之の経歴!火星に家を建てる作品が生まれるかも!?

紙と彫刻刀のみで切り絵アートをつくり上げる

SOUMA(ソウマ)さんなんて方もいます。

SouMa(ソウマ)のプロフィール!立体切り絵作品の価格について

やっぱり、モノづくりをしている人を

知れるのは楽しいなぁ、と私は思いますね。

何かを作るって凄く面白いですもん。

ただ、やっぱり手間暇掛かる分、

お値段が凄いことになるので、

手が届かないんですけれどね。