エンタメ

Kalafinaはユニットとして復活・再結成するのか?実質解散状態になった原因と理由とは

2017年末から騒がしくなり、2018年3月以降からパタッと活動休止になり、実質解散状態になっているKalafina。

10年目のライブから1年が過ぎようとしていますが、動きはKeikoさんとHikariさんの退社という実質脱退があっただけ。

 

グループの再編成が行われる様子も一切ありません。

今後、Kalafinaは一体どういう風になっていくのでしょうか?

また、実質解散状態になってしまった原因と理由について、深く考えてみたいと思います。

1:Kalafinaの復活・再結成はありえる?

現時点の状況を考えると、Kalafinaの復活・再結成はありえません。

改めてKalafinaを巡る現状を整理してみましょう。

Kalafinaの現状
  • 2018年2月:梶浦由記が退社、独立
  • 2018年4月:Keikoが退社
  • 2018年8月:Wakanaがソロツアー
  • 2018年11月:Hikaruが退社

事務所であるスペースクラフトをKeikoさん、Hikaruさんともに退社しているため、復活はありえません。

復活するならWakanaさんがスペースクラフトから退社し、合流をする必要があるでしょう。

 

1−1:Wakanaのソロデビューがある時点で絶望的

Wakanaさんは3人コーラスの歌姫からソロの歌姫へ転身しています。

その時点でほぼKalafinaとしての活動は、絶望的と言ってもいいでしょう。

本来であれば、Keikoさんが脱退の時点で海外バンドのオーディションのように、何かしらのアクションが起こされたはずです。

 

ですが、Kalafinaは大規模なオーディションをすることもなく、Wakanaさんのソロデビューをはじめ、Hikariさんの退社が加わります。

先にHikariさんの退社があればKalafina新メンバーのオーディションができましたが、結果はしていません。

そのままWakanaさんのソロを推し進めている状況です。

この状況下で復活というのは、考えにくいとしか言えません。

 

1−2:そもそもKalafinaもFictionJunctionというくくりの1つ

FictionJunctionというのは、梶浦さんが手がけている歌手たちが所属している1つのグループ。

その中には、多数のグループ的な部分が存在しており、See-SawやFictionJunctionYUUKAなどが存在しています。

Kalafinaもそのグループ活動の断片なんですよね。

実は梶浦さんが一言発するだけで、Kalafinaの活動自体は「終了させられる」状態なのです。

Sponsored Link

2:Kalafinaが活動休止という実質解散の状態になった原因と理由とは?

影ではソニーの影響があるなどと言われていますが、それについては真偽を確認するソースもありません

事務所との揉め事、メンバー間の温度差と言われていますが、真相は外に出回っていないのでわかりません。

 

2−1:Kalafinaの3人には自己プロデュース力が無い

やや手厳しい見出しを書いていますが、Kalafinaの3人は梶浦由記というプロデューサーに見出された存在です。

見出した親である梶浦さんが事務所を退社し、梶浦パワーがあった曲からガラッと変わった曲を出したら、ファンはどう思うでしょうか?

明らかに不満を感じるでしょう。

 

もしも3人のコーラスがあったとしても、プロデュース力と曲の編曲・作曲能力に秀でた人物を探すのは、相当骨が折れるはずです。

そもそも、梶浦さんの後を継ぎたいと思う人がいるかも怪しい。

その点からすると、彼女たち3人が将来の行く末を憂慮していたのは、想像に難くないでしょうね。

 

2−2:拍車を掛けるWakanaのソロ活動

音楽業界の世の常ですが、ソロ活動に力を入れ始めた人は、その道を常に突き進むことになります。

そうなれば、グループでの活動への心は離れていく傾向が強いです。

もしも、Wakanaさんがソロ活動の方に心が置いてあるならば、Kalafinaの復活は難しいでしょう。

Sponsored Link

3:Kalafinaが復活・再結成する日は改めて無いと言える

以上のことから、結果としてKalafinaというグループが復活し、再結成されて動くことは現状ありえません

あったとしても、中身は別物になるでしょう。

例え、梶浦さんがプロディースするとしても、中のメンバーはガラリと変わってきます。

 

それをKalafinaと言うべきか、それともKalafinaではない何かと考えるか。

それは世の中に出てから判断されることになるでしょう。

その時に、Wakanaさんはどう動くのでしょうね。