クリスマスのローストチキンを美味しく簡単に温め直す方法を伝授!

公開日: : クリスマス, 季節・地域イベント

作った、買ってきたはいいけど

ローストチキンが冷めていて不味い。

そんな経験は誰にでもあると思います。

私も、過去に何度もありまして、

その度に色々と試したものでした。

そんな中、今回は私が過去に試してきた

温め方で、これが一番上手く行った、という

温め方をご紹介しようと思います。

Sponsored Link

美味しく簡単に温めるための準備

  • ローストチキンが入る耐熱袋(ジップロック袋がいい)
  • ローストチキンが入る大きさの鍋

以上。

たった、これだけで美味しい

ローストチキンが蘇るんです!

クリスマスのローストチキンの味を取り戻そう!

さぁ、ここからは手順に入っていきましょう。

と、言っても凄く簡単なので、説明も短いです。

ローストチキンをジップロック等の耐熱袋に入れる

まずは第一段階。

ここで、タレも全部入れましょう。

冷たいタレで食べても美味しくありません。

鍋の温度は80~90度を維持

ここが一番大事ですね。

面倒だからと言って、強火で5分で

終わらせてしまうと、表面のみが温かいだけ。

しかも、最悪ただ表面だけが暖かく

加えて固くなっている・・・、という

悪循環もやってきます。

だから、確実に沸騰直前のお湯で

ゆーっくりと温めてあげてください。

さらに、一度経験したのが、

鍋底にジップロックがくっつき、

食べられなくなりました・・・。

せっかく3000円出したのに、さ。

ぱぁでしたよ、ぱぁ。

はぁ、思い出したくない過去。

湯煎時間は20分前後

20151022-07

ゆっくりと温めるため、

時間は掛かります。

目安としては沸騰直前の

鍋に入れてから、大体20分前後。

25分になると、熱すぎて食べたり、

切ったりするのに四苦八苦するでしょう。

Sponsored Link

湯煎以外の方法だと何があるの?

皆さん、所持しているかはわかりませんが

オーブントースターがあるといいでしょう。

アルミホイルで包んであげるといいですね。

後は、湯煎と同じ要領でワット数を下げる、

またはこまめに温度を調整してあげ、

ゆっくりじっくりと加熱していく。

これだけで、美味しいローストチキンが

簡単に復活してくれるんですよね。

ただし、この方法はコンビニ等で

売っている小さめの手羽先部分だけ。

丸鶏の場合は、入らないトースターが

多いと思いますので、素直に

湯煎にしてください。

クリスマスの料理についての関連記事

絶品!鶏もも肉を使ったローストチキンの作り方

ローストチキンの骨を使った美味しいスープを作ろう!

彼氏への手料理とお菓子でプレゼント代わりになるの?

まとめ

意外と簡単でしょ?

もし、入りきらない場合は

最初に切り分けてしまいましょう。

そうすると、骨と肉に分けられて

さらに、その後は少し手間を

掛けるだけでめっちゃ美味しい

サイドメニューが出来上がります。

今年も自分は美味しいチキンを

一人でガッツリと貪ろうと思って、

今から色々と準備の真っ最中

いや、もう考えただけで、

よだれが止まらないです、はい。

皆さんも、冷めたチキンを

上手に温めて、美味しいローストチキンを

家族や友達と召し上がってくださいね!

Sponsored Link

当サイトの特集記事

20151018-02

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー