クリスマスに絶対食べたい!もも肉を使ったローストチキンの作り方

公開日: : クリスマス, 季節・地域イベント

ローストチキンが美味しい季節です。

丸鶏はちょっと無理だけど、もも肉なら

お手軽に作れますよね!

というわけで、私がよく作っていて

美味しいもも肉のローストチキンのレシピと

作り方をご紹介したいと思います。

なお、材料は全て一人分ですので、

作る人数分を掛け算してください。

Sponsored Link

もも肉のローストチキンのレシピ

  • もも肉(骨なしorあり):1枚
  • にんにく:一欠片
  • ローズマリーの葉:1枚
  • オリーブオイル
  • 塩・コショウ

最低限、これがあれば作れます。

また、ソースを作りたい場合はこちら。

  • 玉ねぎ:1/5or1/4個
  • 料理酒:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1
  • しょうゆ:大さじ1
  • 水:大さじ1

これがソースの材料です。

作り方の手順

  1. チキンを漬ける
  2. フライパンで焼く
  3. ソースを付けて出来上がり

というわけで、順々に説明していきましょう。

チキンの下ごしらえ

20151022-04

もも肉を軽く流水で洗って、

水気を拭き、まな板で

厚みを均一にしてください。

そうでないと、焼き加減に差が

出来てしまう上に、薄い部分が

焦げてしまうので注意しましょう。

多分、肉を調理していると

必ず経験することなので、忘れずに。

下ごしらえしたチキンを漬ける

オリーブオイル、スライスしたニンニク、

刻んだローズマリーの葉をパック、

または調理で使う専用の袋に入れて

冷蔵庫で一晩寝かせましょう。

さぁ、焼くぞ!の前に・・・

ローストチキンを作る彼女

焼く30分くらい前に、冷蔵庫から取り出し、

もも肉を常温に戻しておきましょう。

これをすると、肉の内部まで火が

通りやすくなり、中と外の仕上がりが

均一になってくれますよ。

この間にソースを使う人はソースの下ごしらえ

玉ねぎ、ニンニクをすりおろし、

料理酒、砂糖、しょうゆ、水を

大さじ1ずつ加えて混ぜておくこと。

油は敷いてもしかなくてもOK

さぁ、塩コショウをまぶして、

フライパンに敷いていきましょう。

油は、チキンの皮の油もあるので、

気になる人は敷かなくてもOK。

使うならば、オリーブオイルがオススメ。

火加減は気持ち弱めの中火で焼くこと。

強火で焼くと外が焦げちゃいますからね。

また、この時に肉はひっくり返さず、

使った油と出てきた油を肉に何度も

何度も掛けて焼いていきましょう。

焼き終えたら残った油でソース作り!

ソースの下ごしらえをしていたら、

大さじ1~2くらいの油をすくって、

別のフライパンなり、同じフライパンで

ソースを作りましょう。

チキンの旨味が残っている油なので

ふんだんに使ってくださいね!

残った油は、他にもスープ、

野菜炒めなどに使えるので、

その日のうちに使ってください。

Sponsored Link

クリスマスで作る自己流ローストチキンのまとめ

もう、これが美味いのなんの。

一度食べたら、やみつきになっちゃいますよ。

私はもも肉を買ってきたら、

季節でもないのに、このローストチキンを

毎度毎度作っちゃうんですよね。

そのせいで、唐揚げとかしばらく

自分で作っていません。

私はサイドメニューはポテトサラダ派。

くし切りにしたポテトフライもいいけど、

やっぱり、サイドメニューは冷ための

さっぱりしたものが欲しいな、と思うんです。

スープはもちろん、オニオンスープ。

そこに、残っていた油を垂らすと

美味いのなんの・・・・。

ああ、幸せ」とつぶやくこと間違いなし!

せっかく、クリスマスに作るのですから、

気合を入れて作ってみてくださいね!

Sponsored Link

当サイトの特集記事

20151018-02

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー