【クリスマスプレゼント】サプライズを狙って旦那へ渡すタイミングとは

公開日: : クリスマス, 季節・地域イベント

クリスマスに悩むのが渡し方。

どうやって、渡せば良いのか。

そして、その狙ったタイミング。

今回は、私方のタイミングについて

全6種類を紹介しようと思います。

Sponsored Link

旦那に渡すタイミングが難しい

意外と、私の周りで話されるのが

この「タイミング」なんですよね。

特に、結婚2,3年目とかの人。

もう、7年とか一緒にいる人だと

そもそもプレゼントをあまりしないし。

で、悩みのタイミングとしては

もう少しサプライズ感が、とか

恋人の時のように、とか。

いやー、難しいよね、それって。

なんて、思うような内容ばかり。

じゃあ、どうやればサプライズを

起こせるのだろうか、という話です。

サプライズを狙えそうなタイミングとは

20151004-01

この条件は相手が驚くことが大事。

その驚く、というのがタイミングだったり

内容だったりは問わなくていいと思います。

相手が全く期待していなかったことを

こっちからやってあげれば、それだけで

十分なサプライズになりますからね。

ただ、今回はサプライズを狙って

渡すことを主軸にしているので、

それらを例にあげてみましょう。

脱衣所などに目立つように置いてみる

場所としては普段は人の出入りが少ない場所。

日に1回か2回くらいしか入らない所がベスト

なので、脱衣所、洗面所辺りが当てはまる形。

寝室で寝る間際に気づかせるのも良いですね。

布団の中にゴソッとしたものがある、とか。

枕の下に異物があることをわからせたり。

きっと、手に取ったら大笑いしてくれるでしょう。

誘導してみる

とある漫画で紙に矢印を書いて、

人間を誘導させた話がありました。

上見て、下見て、大マヌケ」とね。

今回は、小馬鹿にする形じゃないので安心を。

方法としては、床ならガムテープ類、

壁なら紙に矢印を書いて、セロテープか画鋲。

傷つけたくないなら、水だけで剥がせる

両面テープとかも売っています。

それらを駆使して、旦那さんを

誘導してみるのもおもしろいかも。

自分が身に付けて登場する

プレゼントを自分が身に付けて

旦那さんの前に登場する形。

潔癖症とか、プレゼントを開けられるのが

ちょっと嫌だ、という人以外には

意外とウケのいい渡し方。

ただし、一度プレゼントを

自分で開けてしまうため、

もらった感じがしないのが難点。

宅急便を使う

少しお金が掛かりますが、

わりと海外ドラマとかでも

よく見るパターンの1つですね。

普段から荷物を受け取ってくれないと、

大変かもしれませんが、そこは

上手く誘導してあげるべし。

再配達をされていなくても、

再配達の話を出して、上手く

旦那さんに宅配物を受け取って

もらいましょう。

または、直球で「たまには

取りに行ってみてー」と

言うのも一つの手ですね。

そうそう、これに近い形で

ポストを覗いてくれる旦那さんなら

ポストの中に入れておくのもいいですよ!

Sponsored Link

朝、仕事へ向かう時に

これはマフラーや手袋が当てはまる形。

時間に余裕があれば、定期入れなどの

小物を渡すことも可能でしょう。

一日の始まりがこれなら、

旦那さんの仕事のやる気も

上がるというものですよ。

出張とかでは使えないのが

玉に瑕な方法です。

車内の目立つ場所に置いておく

こちらは車を使う方かつ、

平日に仕事で車を使う方限定。

大きい物なら後部座席か助手席、

小さいものなら運転席の目の前。

特に、小さな箱で運転席の

目の前にプレゼントが置いてあると

旦那さんはきっと嬉しがると思います。

小さいプレゼントなら、少しだけ

包装に気を使うと、豪華な感じも

出せるのが利点ですしね!

そうそう、この場合はさらに簡単な

メッセージカードを付けると効果的ですよ!

主に彼氏へ、だけど参考にしたプレゼント→こちらから

これも彼氏用だけど、30代の男性ならば絶対喜ぶ物!→こちらから

クリスマスに子供へスマホを買うのはありなのか?→こちらから

まとめ

というわけで、全部で6種類ほど

サプライズを狙っての渡し方を

まとめてみました。

参考になりそうな渡し方は

あったでしょうか?

もし、他にも私はこうやって

渡しました、という人がいれば

教えていただけたら幸いです。

Sponsored Link

当サイトの特集記事

20151018-02

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー