就活用エントリーシートの趣味と特技の例文!書き方のコツはコレだ!

公開日: : 最終更新日:2016/11/21 就職・留年関連

就活は進んでいるでしょうか。面接の準備、会社説明会にウェブテストとか沢山あります。その関門をくぐり抜ける前に、やっておかなきゃいけないのがエントリーシートという鬼門。

さて、今回はそのESについて趣味と特技に絞ってみましょう。

Sponsored Link

就活で困るエントリーシート

意外と困るんですよね、これ。特に後述する趣味と特技について。だって、趣味と特技なんて人それぞれ。

しかも、この情報社会だと自分よりも優れた人がごまんといます。ですが、大丈夫ですよ!普通に書けますから。

 

自己PRをが書けないなーと悩んでいる人は、まずこっちから見てみると良いかもしれませんね。

就活の自己分析のやり方!性格や長所と短所をノートに全て書く方法

就活用エントリーシートの自己PRと志望動機で危ない書き方とは?

 

趣味と特技はどう書くべきか

20150607-02

趣味も特技も自分が誇れる、と思えるものならば何でもOKです。私だったら、当時のゲーセンで流行っていた三国志大戦でしたね。アレで、相当高い所まで徳を伸ばしていたので、そのプレイングやデッキ構築法。

システムにおける重要な要素を計算しつつ、相手の出方を考えた行動を取ったことを詳しく書きました。特技に関しては料理とお菓子作りで、失敗談と改善方法とその結果を書いてみたりしましたね。

ES以外でも面接時などは若い面接官に対しては受けも良かった印象がありましたよ。

 

志望動機に関して悩んでいる人は、コチラの記事もどうぞ。

就活で使う履歴書や面接用の志望動機の長さとは?例文を用いて解説!

例文を書いてみよう!

趣味はゲームです。三国志大戦3というアーゲードカードゲームをプレイしており、高ランキングに位置していました。そのためには、プレイする時以外にもデッキ構築や流行していた戦法の対抗方法を探す日々を送っていました。

このゲームを通して学べたことは、常に何かを考える、という姿勢です。これは日常で起こった疑問、過去から続いている議題にも応用でき、解決方法が何か無いか、と毎日何か考える日々を送るようになりました。

 

もうサービス停止していますが、いやー懐かしいものですねぇ。こんな感じで、自分の趣味からさらにそこで学べた事を書ければベスト。

事実、この常に何か疑問に持つ、何か何かと考え続ける姿勢は今の私の生活の一部となりましたから。

Sponsored Link

書くコツは自分の好きな事を語る様にするだけ

先ほど、趣味・特技で何を書けばいいか。そこの見出しで書いた様に、自分の好きなことを好きなように書く

たった、これだけでOKなんですよ。ただ、書き方にも問題があります。

 

自分の好きなことが相手も好きだとは限らない

好きなことを語ってね、というと忘れがちになるのがこの見出し。ついつい、熱中しすぎて自分も相手もそのことについて、把握していると思ってします。

ネットで良く言われるオタクにありがちな行為の一つですね。伝えるのは自由だけれども、意味が理解できて、押し付けないように、というのが気をつけるべき所。

思い浮かばない場合は書き出せ

そう、やっぱり紙に書くこと。自分の習慣、気にしていること、常にチェックしている情報。筋トレでも、ショッピングでも、食べ歩きでも、なんでも結構。

ライブハウスで不定期ライブを開催している、というのでもOK。書けることは無限にありますよ!

 

就活の質問集に関しては、コチラからどうぞ。

就活面接質問対策!『尊敬する人物』で不適切な答え方とは?

就活面接にある定番質問対策!長所と短所の回答例を見てみよう

就活面接最後にある逆質問のテンプレとは?NGワード例集もあり

 

まとめ

  • 特技・趣味に関しては何でも書いてOK
  • ストーリー性が出せるなら、出していこう
  • さらに、学べたことへ繋げられるのがベスト
  • 書く事がないなら、自分が気にすることを書き出す

特技に関して悩む人が多い感じ。特技なんて誰かと競えるレベルであるなら、それこそプロにもなれる才能があるでしょう。正直な話、自分ができて相手ができない。

こんな事例は世の中沢山あります。そのため、そこまで深く考えずとも大丈夫。だから、まずは書いてみましょう。過去のことでも何でもOKなんですからね!

Sponsored Link

当サイトの特集記事

20151018-02

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー