就活面接に大学成績証明書は必要?単位を落とした言い訳の理由について

公開日: : 最終更新日:2015/09/10 就職・留年関連

就職面接で大学の証明書が

必要なのかどうか、という疑問を

意外に持ってらっしゃる方がいるようで。

その必要かどうか、という話に加えて

単位を落とした時の言い訳や、

理由に付いて語ってみましょう。

Sponsored Link

就活面接時に大学証明書は必要なのか

絶対必要!

というか、持って来いとか

事前に面接前に送ってね、とか

そういう企業ばっかりですよ!

だから、絶対に忘れちゃダメです。

面倒かもしれませんが、

5,6枚程度は手持ちに

置いておくべきですよ。

単位を落としたことを突っ込まれるの?

突っ込まれることもあるし、

突っ込まれないこともある。

こればかりは面接官の運

もし、同じ大学・学部・学科出身の

面接官に出会ったとしたら、

取得単位の講師で盛り上がれるかも。

そうでなければ、落としたことのある

単位とかってある、というような

聞き方で聞いてくるかもね。

ただ、基本的に企業に差し出す

成績証明書は取得した単位のみを

印字してあるんですよ

そのため、単位を落としたかどうかを

ハッキリと答えなくても良かったり。

意外とこの辺りはいい加減でも

いいんですよねー。

Sponsored Link

それでも、疑われた時の言い訳の理由

その場合は単純に勉強不足だったこと。

翌年、もしくは後期に同じものがあって

挽回できた理由等を述べればOK

私は素直に勉強不足であったこと、

またその勉強不足だったために、

その後は常に勉強しておいた。

という風に、失敗→改善の

流れをきちんと面接官に示しました。

特定の講義の成績が悪いことを突っ込まれたら

こういうこともあるので、

面接の質問対策は必要ですよね。

さて、成績が悪い理由をどうやって

相手にわかってもらえばいいのか、

というのが最初の問題です。

  1. 他の講義と点数を比べさせる
  2. 詳しい講義内容と採点基準を述べる
  3. その上で周り(交友関係)だけの平均点数を伝える

つまりは、その講義が凄く難しかった。

もしくは講師が落とすことを前提に

組み立てていた講義だった、という話へ

持っていけばいいんですよね、これが。

ただし、これが使えるのは基本的に

80点~くらいの点数を取った人だけ。

他の教科もほぼギリギリだったり、

普通程度の点数だと使えない方法です。

その場合は素直に自分が勉強に

付いていけていなかったのと、

それ以降で改善した部分を

話すのが得策でしょう。

まとめ

  • 事前送付、面接時持参どっちかで成績証明書は必須
  • 単位を落としたことに関してはほぼ質問されない
  • 成績が悪いことを突っ込まれたら、上手く交わすこと

成績証明書の話は当たり前ですね。

最近、成績の内容が放置されていた、

という指摘から面接で再度重視されてるし。

そのため、今から就活面接する人は

もう無理かもしれませんが、

1年ほど猶予がある人は

成績を上げておきましょう。

それだけでも、心を入れ替えたとか、

色々な言い訳ができますからね!

Sponsored Link

当サイトの特集記事

20151018-02

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー