就活面接最後にある逆質問のテンプレとは?NGワード例集もあり

公開日: : 最終更新日:2015/09/10 就職・留年関連

さて、就職活動の面接は進んでいますか?

初めての面接でやってしまった、と思った人

手応えがあったと思う人、様々でしょう。

今回はやってしまった、という人向けの話。

面接の最後で問われる逆質問ですね。

その逆質問のテンプレとNGワード集を

簡単にまとめてみたので、

一読してみてください。

Sponsored Link

就活面接の最後に待ち受ける逆質問

今まで質問されっぱなしだったのに、

急に「質問はありますか?」と促され、

何を聞いて良いのかわからずに、

混乱したこともあるかな。

いやー、対策立てておかないと。

なんて思っていたのに、出来ておらず

変なことを口走った苦い思い出。

きちんと、対策しておいた方が

後々のために良いですよ、本当に。

テンプレ回答例とは

  • ○○の様な人材を求める理由とは
  • 自分の××という長所や特技は活かせますか
  • もし、内定を頂けた場合、準備をしておくべき事とは
  • 社会人にとって必要な心構えとは何でしょうか
  • 差し支えない範囲で仕事への評価基準を教えて欲しい
  • △△の仕事に関して具体的な業務内容を知りたい

と、こうして自分を売り込むような形。

一言で表すと

やる気

が見える質問ですね。

内定を貰った後とか気が早い、と思うかも。

だけど、新人研修があるとはいえ、

そこで教えられる基本的なマナー、

言葉遣いが入社前にある程度できる人だと、

教える方としてもありがたいもの。

そういった会社に早く順応する

準備はできていますよ、と

アピールするのは大切ですよね。

ただ、熱烈にアピールし過ぎるのも

これはこれで問題を孕みますので、

あくまでもさり気なく、を忘れずに。

その逆のNGワード例集たち

  • 特にありません
  • 収入、残業、福利厚生
  • 会社の規模、仕事内容
  • 人事へのプライベートな質問

特に気をつけるべきなのは

ホームページの求人部分等でも

普通に載っているようなことの質問。

これは裏を返せば、の企業への

興味は薄い、と取られてしまいます。

だって、スマホでサッと今なら

調べられることなんて聞いても

時間の無駄だと思いません?

それだったら、まだ雑談とか

好きな趣味の話で盛り上がる方が

お互いを知るイイチャンスだしね。

Sponsored Link

実際に私がした逆質問はこうだった

今の仕事関係で幸せだと思ったこと、

逆にこれは二度と関わりたくない、

または出来ればやりたくないこと。

こういった質問をしましたね。

もっと端的に言うと

仕事で達成して嬉しかったこと、

逆にキツイ、つらい、つまらない

仕事の話を聞かせてね、と。

色々と聞かせて貰えましたね。

クライアントからの喜び、

仕事のミスで上司が庇ってくれた、とか。

社風を知るチャンスにも

繋がると思うので、

聞いてみてください。

もう一つの逆質問は評価に入らなかった時

実は面接の最後にここからは

就職面接評価には入らないから、

何でも聞いていいよ、という企業があります。

その時に私がしたことは

面接の態度、声、内容、企業研究について、

こういった基本的な部分でした。

面接セミナーでやってもらうのと

実際の面接官に判断してもらうのじゃ

やっぱり企業研究については、

差がありますからね

その時はもう少し、調べた方がいい、と

ダメ出しされてしまいましたけど。

もし、こういう評価に入らない、という

前提の質問を受け付けてくれる面接官に

遭遇したら、トコトン使わせて頂きましょう。

後に繋がる重要なことですからね!

まとめ

  • 逆質問はいくつか用意しておこう
  • 基本的には会社へ熱意を伝えられる質問が良い
  • 逆に、調べればわかるような質問は絶対にしないこと

基本は色々な質問もできますが、

一番最後の「調べればわかること」だけは

絶対に質問してはいけませんね。

気になるのはわかりますよ。

残業、休暇、どっちも重要な事。

だって、自分の時間も欲しいですから。

でも、そこはグッと抑えこんで、

自分は会社のために働ける人間ですよ、と

アピールをしてください。

いつか、自分が人を採用する立場になり、

そういう質問をしても問題ない様な

空気を築くためにも、ね。

時間はかかるけど。

では、面接がんばって下さい!

Sponsored Link

当サイトの特集記事

20151018-02

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー