【就活】会社説明会での質問の仕方とは?名前や大学名は名乗るべきか

公開日: : 最終更新日:2015/09/10 就職・留年関連

さて、就職活動で自己分析や

履歴書の書き方をマスターした後、

または同時にやってくるのが会社説明会。

その説明会での質問の仕方や内容、

そして名前や大学名を名乗るべきなのか。

という、基本的な内容になっています。

意外と普段の生活では忘れがちな

重要な部分ですので、頭から抜けていたなら

ここで叩き込んでいってくださいね。

Sponsored Link

会社説明会での質問内容は何がいい?

その説明会で説明された内容について、

また事前にその企業で何をやっているか、

という部分が不明瞭だったこと、とか。

ホームページに書いてあったり、

その辺の業界誌に載っていない話なら

ほぼ何でもOKと考えて結構です

私は人事の人に対して、

なぜその会社に入ったのか、

そして今の仕事は楽しいか、幸せか

という部分を質問したりしましたね。

働いていて楽しいと感じない

職場でなんか誰も働きたくないですもの。

辛いことの方が多いだろうけどね!

その質問の仕方とは

  1. 挙手をして指されたら立つ(事前に座ってていい事もある)
  2. 大学、学部、学科、名前の順に名乗る
  3. 本日は~という軽い社交辞令
  4. 本題の質問に入る
  5. 終わればお礼を一言

以上の順番で質問をするだけです。

何も難しく考える必要はありませんね。

質問する際の注意事項

  • 自己PRをしない
  • 他の人がした質問を繰り返さない
  • 質問後にもう一つ質問をしないこと
  • ゆっくりでもいいから、ハッキリと喋る

というのが注意事項ですね。

特に聞いている内にもう一個したい、

と思う時があるでしょう。

その場合は、人事の人が

~以上で大丈夫ですか?」と

気にかけてくれた場合かつ、自分がした質問を

より深く聞きたい時以外は止めるべきです。

他にも質問をしたい人が

順番を待っているわけですからね。

質問をする際に名前や大学名を名乗るべき?

名前を名乗るためのネームプレート

ネットでもリアルでも

ピリピリするのが『学歴』ですよね。

ええ、学歴の効力は凄まじいものですから・・・。

さて、そんな学歴を披露すべきなのか、

というのがここでの話題です。

ハッキリ言えば、どこに所属しているか、

そして、自分は誰なのか、と名乗ることは

対人関係のマナーとして非常に重要です

私の高校では学年・名前は例え

自分の担当している担任でも毎回言わせました。

それくらいマナーとして必要なことなんですよ。

つまり、人事の人が質問を受け付ける前に

名乗らなくていいよ、と言わない限りは

基本的に名乗るべきなのです。

または、最初の人が名乗らないのであれば、

そのままでもいいかもしれませんね。

場に合わせる、という選択もあり。

Sponsored Link

おまけ:会社説明会後のお礼メールについて

面接本やマナー教習だとお礼メールを

送るほうがいいよ、なんて習いますね。

でも、正直アレいらないんですよ。

もちろん、時と場合によりますけれど

基本はお礼メールはほぼ出さなくて大丈夫。

出すべき時は、自分がお世話になったことがある時。

例えば、無理を言って面接の日程を変えてもらった。

忙しい中で会社のことを知りたいから、人事の人と

一対一で会ってみたいことをお願いして会えた、とか。

こういった時はお礼のメールは出すべきです。

普通の会社説明会程度なら、

不要なので安心してくださいね。

まとめ

  • 会社説明会の質問内容は何でもOK
  • 質問の仕方は普段の初対面で目上の人と話す感じ
  • 自分がどこの誰かをハッキリと言うこと
  • 質問は一度限りで済ますべし
  • お礼メールは特別な事がない限り不要

相手のことを聞く前に自分のことを~、とか

マンガ・ドラマとかでありますよね。

誰か知らない人と話すなら、

自分が誰かを明かさないといけません。

国の諜報機関に勤めている

人間じゃないんですから。

わりと当たり前の話なのですが、

意外ときちんと出来ていないので、

この機会にキッチリとやりましょう。

それだけでも、周りよりも一歩先に

踏み出していると思いますよ!

Sponsored Link

当サイトの特集記事

20151018-02

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー