インフルエンザによる出席停止って大学の講義では考慮されるの?

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 就職・留年関連, 悩み

インフルエンザが流行りだす季節になりました。今日も凄い寒くて、さらに雨も降ってて困っちゃいましたね。

今年の(2016−2017)インフルエンザは4〜5倍らしいですよ。

気を付けてくださいね。さて、そんなインフルエンザに罹ったら、大学は講義の出席停止や追試・再試に関して考慮してくれるのでしょうか?

 

Sponsored Link

大学はインフルエンザによる出席停止を考慮してくれるのか

これは、担当してくれている講義の教授次第になります。例えば、電車の遅延であれば遅延証明書を渡すと考慮してくれますね。その時と同じですよ、同じ。

インフルエンザに罹ってしまった、という診断書などをかかりつけ医の先生に書いてもらいましょう。それを担当の講義の先生に提出して、判断を仰ぐのがベストです。

さらに、万全を期したいのであれば各大学に必ずある『学生課』へ連絡をすること。インフルエンザを伝えると、必ず提出書類の話に移ります。

 

ここで必要な書類をメモしつつ、講義・追試・再試に関する情報を聞きましょう。教授次第という返答もありますが、ほぼほぼ答えてくれますよ。

優しい学生課の職員だと学年、組、名前まで全てを聞いた上で講義をしている教授に連絡を取り付けたりしてくれます。必ず連絡しておきましょう。

連絡することで損はありませんからね。

 

いつまでに提出すればいいのか

インフルエンザが治ってから1回目の講義に出席する時に出すだけですね。講義開始前でも講義後でもOK。特に期限はありませんが、出すのであれば早めがいいでしょう。

前述の学生課の職員が話を通してくれていた場合は、すんなりと事が進んでいくと思います。ちなみに、学生証などは絶対に所持しておいてくださいね。

誰だか見分けがつかないことになりますので。

Sponsored Link

もし、卒論提出や卒論発表日にインフルエンザになったら・・・?

提出日は絶対です、これが。というのも、私の場合ですが卒論のデータを印刷する業者に出すタイムリミットがあるから。一斉に出すらしいんですよ、卒論のデータって。

そのため、一人が出てないからと言って全体を遅らせることなんて出来ないわけ。だから、卒論提出日にインフルエンザと発覚したら、這ってでも行く。

 

または、友達に回収してもらうようにしてもらうしかありません。ドア越しで受け渡しをしたり、友達のスマホにデータを送信したりっていう方法があります。

それらを駆使して渡しましょう。もちろん、これは友達が引き受けてくれる事が前提ですけれどね。ですが、卒論関係も学生課・担当教授に話を通すのが先

その後、指示通りに動きましょう。インフルエンザは基本的に即座に出席停止扱いですので、色々と対処してくれると思います。だから、必ず連絡を怠らないように。

 

そして、肝心の卒論発表日にインフルエンザになった場合。こちらも学生課・担当ゼミの教授に直接話しを通して下さい。詳しい指示をしてくれるでしょう。

大抵は予備日に一人、もしくは同じく休むことになった複数人の学生たちが集まって卒論発表をします。良い意味でも、悪い意味でも地獄を見ることになりますが頑張ってください(笑)

インフルエンザにならないために

日常的に手洗いうがいなどで対策をするのはもちろんですが、最近では風邪なども腸の状態と関係があるというように言われています。もし、日常的に下痢や便秘をする。

または、おならのニオイが・・・という人はインフルエンザを患いやすい状況にあると言えるんです。森永乳業にも乳酸菌の働きとして、このように一文が載っています。

一部の乳酸菌はインフルエンザウイルスなどの感染に対して防御作用を示すことや、アレルギーの症状を軽減することなど、免疫機能を調節することが報告されています

出典:森永乳業 腸内細菌についてより

ヨーグルトを毎日食べるって結構大変ですし、食費もかかりますよね。手軽に乳酸菌を摂るのであれば、やっぱりサプリメントが楽ちんです。ぜひ、サプリメントを摂り入れてみてください。

頑固な便秘やイヤなニオイのおならが少しずつ減っていく上に、インフルエンザなどの感染に対しても強くなれますからね。

インフルエンザや風邪でヒヤヒヤしたくない人は、予め様々な方法で対策を行っていきましょう!

 

Sponsored Link

当サイトの特集記事

20151018-02

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー