大学でぼっちに辛い単位を楽に取る方法!講義での友達の作り方もあり

公開日: : 最終更新日:2015/09/10 就職・留年関連

大学で何が辛いってぼっちが辛い。

わかります、わかりますよ、その気持ち。

そして、何よりキッツいのが単位を

取るのに色々と難儀すること。

さて、今日はその辛い単位を楽に

取得するための方法と、講義で

友達を作る方法についてのお話です。

Sponsored Link

大学ぼっちが辛いと思う人へ

大学でぼっちは辛いですよね。

単位もそうだし、就活でもそう。

でも、大丈夫!

ぼっちでも何とかなります。

そして、ぼっちでも自分が少し

意識を変えることで脱せますから。

私も実は大学入学後、しばらくはぼっち。

なので、安心してください。

皆、最初は一人なんですから

楽に単位を取るのであれば情報が必須

単位を取得するための情報

さて、話は変わって楽に単位を取る方法。

これはもう決まりきっていて、出席が必須条件の講義

実は出席が30~40%を占める講義が

大学ではかなりの数あるんですよね。

そのため、『出席重視』の文字を発見したら

片っ端からチェックをしておきましょう。

万が一、出席とテスト&提出物の割合が

不明な場合は担当教授に直接聞きに行くこと。

別に聞きに行ったからといって、

その講義を取る必要はありませんからね。

情報を制す者が大学を制します。

Twitterや情報サイトで先回り

ネットの発達により、大学情報を取り扱った

情報サイトやSNSで授業の情報のやりとりも

増えてきた印象があります。

Twitterなら大学名、講義名などで検索したり

取得講義の教授のTwitterとかをフォローしたり。

他にはみんなのキャンパスや2chと言った

匿名サイトを利用することをしましょう。

Sponsored Link

出席をし続けると突如イベントが起きる?

実は、ぼっちが出席をし続け、ノートと

レジュメを集めると、突発イベントが発生します。

そう、ノート・レジュメのコピーや

代返を頼まれるイベントですね!

これらを快く引き受けてあげるて、

後述にある友達の作り方の土台を

固めていけば、あなたはぼっち卒業の可能性大!

ただ、ノートやレジュメを欲しがる人と

関り合いを長く持つのは疑問ですがね。

取っ掛かりとしてアリですから、

その場でコピー機まで一緒に行き、

適当に世間話をしたりしましょう。

というのも、ノートとレジュメを

持ち逃げされないための自衛です。

持ち逃げされたら同じぼっちに

話しかけてみる、というイベントが

起きたと思うのも一考、かも?

講義で友達を作る方法とは

あなたにコミュ力、というか

話しかける勇気があるのであれば

一人で席に座っている人に話しかける。

または、たまたま隣に来た人に

あいさつをして、世間話や学部学科の

話をして会話を続けていく。

これらが友達を作る基礎。

または、グループで学習する講義も

友達を作るのには狙い目ですね。

2~4人で一塊の講義とかあるので、

その講義を取れるのであれば、取りましょう。

もう一つは少人数制の講義。

こちらは否が応でも毎週顔合わせは同じだし、

語学授業となれば、基本的に講義部屋が狭く

隣や前後の人と少し会話することもあります。

これらの講義を上手く活用するといいですよ。

後は、顔を合わせたらあいさつを忘れないことですね。

友達はたった一人いれば自動で増える

増えていく友達

というのも、これは私が実際に体験したこと。

たった一人だけと仲良くなったんですけれど、

その仲良くなった友達の友達、さらにその先。

一人でも友達が出来ると、その友達の友達も

何だかんだで絡む機会が多くなっていきます。

そのため、気づけば一人が二人、二人が四人、

四人が・・・という風に増殖が止まらない。

ここまでくれば、もうほぼ友達を作ろう

なんていう様に気を負わなくても

勝手に増えていきますよ。

まとめ

  • 最初は皆ぼっち!
  • ぼっちなら情報を掴みとれ
  • 単位は出席で勝ち取ること
  • 友達を作るならグループ型の講義が穴場
  • 友達は一人作れれば、気づけば大所帯に!?
  • あいさつを忘れずに!

ぼっちはつらいと思う人もいるでしょう。

ですが、大抵は自分がほんの少しでも

踏み出せばすぐに解決することばかり。

明日からでも実践できるので、

やってみてはどうでしょうか。

自分には無理だ、というのであれば

歯を食いしばってぼっちで

頑張るしか無いですね。

私はそれが嫌だったので、

勇気を出して頑張ってみました。

でも、結果は中退したけどね!

Sponsored Link

当サイトの特集記事

20151018-02

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー