高校生必見!読書感想文の書き出しのコツと文字数稼ぎの裏技を伝授

公開日: : 最終更新日:2015/07/15 ニュース・生活・文化など

読書感想文の書き出しの例文

はい、このページを見に来た高校生の方。

悩んでいますね!?悩んでいるでしょ!

そんな悩める方へ読書感想文の

書き出しのコツと、感想文全体で

文字数を稼ぐ裏技を伝授しましょう。

この記事さえ読めば、すぐにでも

読書感想文をスラスラと書けますよ!

Sponsored Link

読書感想文の書き出し方のコツ

  1. 読んだ本の感想を書くことにした
  2. 本を選んだ理由をきちんと述べる
  3. 自分自身の素直な感想を書き出す

上の4つが主に使いやすい

読書感想文の書き出しのコツ。

それぞれ上から順に説明と

例文を乗っけて解説しましょう。

1.読んだ本の感想を書くことにした

例文

今回は~~という本を読んだ感想を

書いてみようor書くことにした。

一番潔い書き方。課題のためにやってます、と。

これはこれでいいのですが、後に文字を

繋げていくのが苦しくなる方法です。

実際、自分の手元で書いてみてください。

すぐに後へ続ける言葉が詰まるでしょう。

この文章は明日提出する人が使うべき書き出しです。

2.本を選んだ理由をきちんと述べる

例文

この本を選んだ理由は、日頃自分が

生活してきた中で、何が必要で何が不要か

わからなくなっていたことがキッカケだった。

上と違ってきちんと、本を読む理由を

付けるだけで、見違えるほど、

良い文章に変わったでしょ?

他にもこれなら

  • 過去に話題になっていた
  • ドラマ、映画、友達の会話の中で気になった
  • 自分の興味のある分野
  • 知識、雑学の欲求

などなど、色々と幅が効きます。

例えば、書店で手に取り、表紙裏のあらすじに

気に一文が書かれ、家に帰ってもその

モヤが晴れなかったのです。

後日、私は再度その本を書店で手に取り、

今ここに感想文として残そうとしています。

なんて、洒落た形の文も作れたり。

一番書きやすく、誰でも応用が効く型です。

3.自分自身の素直な感想を出す

例文

私がこの本で一番感動した場面は

~~が~~するところだった。

場面ごと切り出す形で書いていくので、

一番伝えたいことが伝えやすいのが利点

実際に例にならって書き出しを書いてみよう

例文

私がこの本で一番感銘を受けたのは

「より少なく、しかしより良く」

という言葉である。

今の世の中は物も情報も溢れ返り、

自分のフィルターでは情報を

処理しきれないのが本音のはずだ。

そんな悩みを友達に、軽く打ち明けた時、

その友達から「~~」という本が良い、と

紹介されたのが、この本との出会いだった。

この本を私が読み終えた時、

私の頭の中は夏の青空が広がる様な

スッキリした感覚が、私の脳内を

駆け巡ったのは今でも覚えている。

そして、今回この読書感想文という形で

貴方にも、私が感じた感覚を追体験して

欲しいと思い、文字として残し始めたのだ。

という感じ。

今回は2番目と3番目を組み合わせた形。

重要なのは一番最初に結論を持ってくること。

何故かと言うと、ダラダラと理由を述べるより

ザックリとこうだった、アレである、と

言ったほうが人に伝わりやすいから。

ちょっと、例文の内容自体が硬いので、

もう少し砕けていいと思いますけどね。

Sponsored Link

文字数稼ぎの裏技とは

これは自分のリアルにすり合わせていく。

という方法が非常に簡単に文字数を

稼ぐことが出来ます。

例えば、彼氏・彼女がいる人なら

ロミオとジュリエットを読んで、

こんな悲劇的な結末を、もし自分が

味わうとしたら、絶対に嫌だ、とか。

本の感想というよりも自分と比較し、

どうしたいか、どう変えたいか、

どうなりたいか、等を書くといいですね。

もっとハッキリ言うと、話を本とは

全く関係の無い方向へ脱線させると、

ガンガン文字が進んで行きます。

他には今さっきもやりましたが、

句読点「、。」をたくさん使うこと。

他には接続詞を多用することで、

かなりの文字数を稼ぐことが出来ます。

しかし、だが、それでも、どうして、

他にも、なんて色々と出てきますよね。

これらを沢山文章の中に怪しまれない

程度で、どんどん頻出させると、

不思議と文字数は埋まりますよ。

関連記事→書く本が決まらない人へ向けたオススメの本と選び方

まとめ

ここにある方法を使えば

すぐに書き出しを書くことが出来ますよ。

ほら、書けたでしょ?

2番目とかパクってもいいので、

サクサクと終わらせて、思う存分

残りの夏休みを謳歌してくださいね!

Sponsored Link

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー