中田英寿の現在の年収が凄い!彼女と噂になっても結婚しない理由とは

公開日: : 最終更新日:2015/05/04 スポーツ

ある種、自由人の代表格に

挙げられる中田英寿さん。

今、何をやっているの?

と思う人が沢山いるでしょう。

実は色々なことをやっており、

さらに年収とかも凄まじい

状態になっているっぽいですよ。

Sponsored Link

中田英寿の現在について

29歳という早さで引退を宣言し、

同僚にも惜しまれた才能を

持っていた中田英寿さん。

今は長い旅を終えて、

慈善事業や日本文化を世界に

広める活動をしています

2015年のアジア杯の時には陶芸の

トークショーでマスコミにサッカーの

話題で釘を刺したのは記憶に新しい。

活動拠点は今は主に日本国内、と

言っても差し支えない感じかな?

引退後の旅をした理由と何をしていたか

中田英寿が旅をした理由

世界100カ国以上を旅して、

半分以上言葉が通じない

国を渡り歩いてきました。

その理由は度々話題になる

マスコミ嫌いがあったこと。

正確に言ったことも伝えない、

言ってないことを勝手に付け加える、等が

問題になっていましたよね。

話を戻して、何をしていたか。

答えは上記で触れている通り、

慈善事業や文化を広める活動に従事。

理由は世界に日本の文化を

非常に珍しがり、興味を持つ人が

沢山いたということを知ったから。

その影響からワインソムリエならぬ

ニホンシュソムリエっぷりを発揮し、

専門スマホアプリまでもリリース中。

サッカーは今でも関わっている

陶芸のインタビューで釘を刺した、

という話からサッカーに関わる気が

一切なさそうな雰囲気を感じるでしょう。

しかし、サッカーへの

情熱を無くしたわけじゃありません

今でもチャリティーへの参加や

湘南ベルマーレで広告主になったりと

サッカーで関わることは沢山あります。

ただ、それを関係の無い場所で

結び付けられることが嫌なだけ。

それが如実に現れているのが

陶芸の時のサッカーへのコメントを

求められた時の対応だったんです。

なので、サッカーが主軸の話題なら

きちんとテレビに出演したり、

雑誌インタビューも受けていますよ。

今の収入について

実業家として活動しており、

今では株主などとして投資家の

顔を持つ面もあります。

有名な話ですが、

サニーサイドアップという会社の

筆頭株主として名前が載っています。

そこからの配当、映像版権収入、

各種イベントや資産投資により、

現在の収入は推定数億~数十億円以上

さらに、現役時代にはチーム年俸に

スポンサーからの収入で計100億以上

稼いだといわれていました。

現在の収入に関しては、我々一般人が

想像もできないレベルで、勝手に収入が

至るところで発生している状況なんです。

Sponsored Link

彼女と噂になっても結婚しない理由

有名なところで言えば

宮沢りえさんとのキスショットが

週刊誌で出ていたりました。

2014年には恋多き女として

話題に挙がる柴咲コウさんと

話題にもなりましたね。

で、その結婚しない理由は

きちんと答えをだしていたりします。

僕が言いたいのは決定してしまう必要はないってこと

愛する誰かに出会えば結婚するし誰にも

出会わなければそのままでいいよ

だから僕が言いたいのは(結婚は)しなければ

いけないことではないだろうってことなんだ

出典:NEWS ZERO「中田、地球を旅する。」~アフリカ編~より

う~ん、わからなくもないし

わからない感じもするし・・・。

何か満たされない感覚を

持っているのかなぁ?

もし、それを満たしてくれる

相手と出会えたら結婚を

決意するかもしれないね。

まとめ

遊び人だーなんだーって

槍玉に挙げて笑う人がいますが、

実際そんなことないですよね。

むしろ、率先して広告塔として

日本の文化を世界に広めたり、

再度認知させようとしていますよ。

文化的な面を伝える番組とか

たまーに登場してたりしますし。

でも、やっぱり自由人に感じる

気質はかわらないかもしれませんね。

Sponsored Link

Comment

  1. 小林 より:

    中田はベロチューが得意。

  2. 本田 より:

    宮沢りえとのベロチューが忘れられない。

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー