顔の粉吹きの原因である保湿不足対策!乾燥性敏感肌の治し方とは

公開日: : 最終更新日:2016/03/27 肌のトラブル

冬になるとガサガサとして

メイクのノリは悪いし、落としたら

みすぼらしい肌が露出してきて

気分はガタ落ち。

そんな顔の粉吹きの原因となる

保湿不足対策と乾燥性敏感肌の治し方。

意外と保湿不足対策はできている、と

思っていても出来ていないんですよ!

Sponsored Link

顔の粉吹きの原因とは

単なる乾燥という外部的要員

栄養不足、ストレス等の内部的要員

たった2つのどちらかしかありません。

冬の季節に常になるのなら、前者。

それ以外の季節でもなるなら、後者。

自分の粉吹きの原因が

なんとなくわかったら、

次は保湿不足対策ですね、

保湿不足対策が保湿不足を招く理由

保湿ケアをして保湿不足になる

化粧水、オイル、クリーム、

ありとあらゆるものを使って、

保湿対策は完璧だよね!

こう思っているのに一向に良くならない。

これは以下の行動が原因となっています。

  • 間違った保湿ケア
  • 食事で摂る栄養の過不足
  • 生活習慣の乱れ(寝不足、ストレス等)

さて、その中で今回は一番上の保湿ケア。

この間違いについて見ていきましょう。

保湿ケアで良いと思ってやっているダメなこと

  • 化粧水をなじませるためのパッティング
  • クリームを塗る時に、指で強く押し込んで塗る
  • 血行促進を促し、汗をかくためのマッサージ

正確に言えば、この3つのやりすぎ、ですね。

パッティング自体は正しくやれば効果もあり、

肌への栄養補給としては正しい行為。

ですが、顔が赤くなるくらい強かったり、

コットンの毛が逆立ったりするほど

やるのは逆に肌を傷つけてしまいます。

そして、クリームと血行促進マッサージが

ダメなのは、気づかぬ内に自分の

指で強く擦りすぎてしまうから。

そうなると、古い角質は取れますが

一緒にその下にある新しい角質が剥がれ、

白い粉としてあなたを悩むこととなります。

多くの情報に惑わされてしまっている

あれが効きます、これが効きます、

これも効きますよ、という文句。

美容情報に詳しく、化粧品に敏感な方ほど

この間違えた保湿ケアに足を踏み入れがち。

知識は正しいのに、致命的な勘違いをして

自分自身で肌を傷つけてしまっているんです。

私が前に皮膚科へ乾燥肌のために行った時、

お医者さんは「皮膚疾患はそうそうならない

という風に私に教えてくれました。

皮膚疾患と思い、皮膚科を訪れる多くの人は

自分自身で気づかぬ内に乾燥肌にして、

知らず知らずの内に傷つけているんですって。

Sponsored Link

乾燥性敏感肌の治し方

敏感・乾燥肌の方の肌は肌の角層が薄く、

バリア機能と保湿が衰えてしまっている。

だから、これを補ってあげればいいだけ。

特に、保湿やクリームでケアを入念にして、

上のダメなスキンケアもやっていない。

そういった方は肌は漏れ無くセラミド不足

では、そのセラミドを補給するには

何が一番手っ取り早く補給できるのか。

そのセラミドを補給するにはどうすればいい?

  • 食事
  • サプリメント
  • 配合化粧水

主にこの3つから摂取する形。

食事からの摂取はこんにゃくや海藻で

手軽に摂取でき、安い食材なため

意識的に取り入れるといいでしょう。

サプリメントによる摂取はハッキリは

まだ効果が確認されていません。

セラミドというのは肌の

一番外側に位置しているため、

外部からの摂取が凄く簡単なので、

サプリは不要かな、というのが

私個人の意見。

内部的に摂取したいなら、こんにゃく等を

食事へ取り入れ、セラミド配合化粧水を

正しいスキンケア方法で補給するのが

乾燥敏感肌を改善する近道ですね。

自信がもてる肌になる!国産天然ローズの基礎化粧品

まとめ

  • 粉吹きの要員は季節等の外部と食事等の内部要員がある
  • 保湿しているのに保湿不足になるのはスキンケアの間違い
  • 正しいスキンケアのために、正しい情報を入手しよう
  • 乾燥性敏感肌の治し方はセラミドの補給と時間のみ

私自身も悩まされていた部分です。

ただ、糖質制限を始めてからは

あんまり気にならなくなりましたね。

もし、この記事でやっていることを

試してみて、皮膚科でもダメならば

少しだけ糖質オフをやってみてください。

そして、脂質をしっかり摂ると、

肌表面の改善が見られると思いますよ。

自信がもてる肌になる!国産天然ローズの基礎化粧品

Sponsored Link

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー