大学のオープンキャンパスの服装は私服で!持ち物の準備についても

公開日: : 最終更新日:2015/08/01 季節・地域イベント

大学の内部

この時期になるとオープンキャンパスやらで騒がしくなりますね。

気になるのがオープンキャンパスに行く時の服装。

制服と私服のどっちがいいのか悩む人もいるんじゃないですか?

そこで、個人的な体験談も含めてまとめていこうと思いました。

オープンキャンパスなんて軽く考えて行けばいい場所ですよ。

Sponsored Link

オープンキャンパスの日程確認

実は大抵の大学はいつでもオープンキャンパスに行けます。

その場合は事前に大学に確認をしておきましょう。

多くの大学は関係者以外は基本的に入れないようにしています。

勝手に入って見つかってしまったら、問題になる可能性があったり。

でも、殆ど誰が誰なんて事は気にしませんし、部外者の出入りも多いのが実情。

大学の学食が一般の人にも開かれているので、判別が付くわけがありません。

都市部だとサラリーマンが学食で昼食を済ませる姿とかありますよ。

さて、話は戻ってオープンキャンパスの日程です。

日程の多くは大学のホームページや資料請求で確認が可能。

他にもベネッセとかのホームページにまとめられていたりします。

自分の志望校のホームページから、というのが基本的。

オープンキャンパスの服装は私服がいい

オープンキャンパスの服装

多くの人が気にするのが服装。特に若い子だと大変ですよね。

ばっちりと気合を入れて行く人もいるかもしれません。

行く場合はラフな私服の方が何かと都合がいいです。

一日中大学内を見まわるわけじゃないでしょ?

都市部に行ったら、どうせ帰りにはどこか寄りたくなりますからね。

制服で動くとなると、時間的に遅くなると面倒なことにもなりかねません。

なので、制服よりも私服のほうがオススメ。

一方、大学側は制服のほうが把握しやすく助かると言っていました。

これは大学側の都合なので、無視しても全く問題はありません。

判別がつけやすい、と言うものの門入り口とかで見たりするくらいですから。

持っていくべきもの

筆記用具・お金の2つ。あとは大きめのバッグです。

理由は資料をどっさりと用意されることが多いから。

手ぶらで行って、帰りにチラシやら資料やらを貰って入れ場所が無いと困ります。

家が近いなら、それでもいいかもしれないけど、電車で恥ずかしい思いをしたくないでしょ?

学校指定のカバン・バッグしかないなら、適当に見繕うといいかも。

A4サイズならプラスチックのブリーフケースでもいいでしょう。

結構、使っている人も見掛けますからね。

Sponsored Link

事前にチェック項目を作っておくといいかも

駅からの大学の距離、交通の便、大学内の施設や状況。

通っている人の様子。就職先の斡旋状況、図書室の充実度とか。

志望先の学部・学科の講義の内容について、などもあります。

これらをまとめておいた簡易チェック表を作っておくと何かと便利。

いくつか行った場所を照らしあわせて、どこを第一志望にするかの判断材料にもなります。

志望校の下調べをしていないと、合格後に山の中に通うことになることも。

そんな間抜けなことにならないようにしましょうね。

関連記事

オープンキャンパスのチェックポイントまとめ!

オープンキャンパスは無理に行く必要は無い

特に遠方の人の場合は旅費が結構掛かります。

この場合は無理して行く必要もなくて、Twitterなどを使うといいでしょう。

例えば、早稲田の○○学部○○科所属の人にコンタクトを取ってみたり。

正直、オープンキャンパスへ行くよりも生の声を聞けるチャンスです。

幸い、今の世の中SNSの発達でいくらでも情報発信をキャッチが可能。

見に行きたいけど、ちょっと遠いな・・・と思う人は是非お試しあれ。

以上が、かつて私が行ったオープンキャンパスの行動です。

友達と~と思うかもしれませんが、一人で行くことをオススメします。

友達と行っても見る所が違うと時間の無駄になったりしますからね。

オープンキャンパスは1つか2つくらい行くだけで十分。

いくつも行くなら、その時間を勉強に回すべきです。

これから、大変な時期ですが受験生は頑張ってください!

Sponsored Link

Comment

  1. しぃ より:

    オープンキャンパスが少し不安立ったんですが、安心しました

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー