夏の野外フェスで持っていく必需品!雨対策の服装も忘れずに!

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 季節・地域イベント

2014-05-23-02

さて、そろそろ本格的に夏フェスや野外フェスが活発になる季節。

すでに、大小含め開催されていると思います。

皆、何一つもたないで行くと思ったら大間違い!

実は沢山用意するものがあったりするんです。

そこで、今年始めて行く方への気をつけるべき点や持ち物を羅列してみましょう。

Sponsored Link

絶対に持っていきたい物

  • タオル・日焼け止め・虫除けスプレーorシート
  • 帽子・合羽・時計・着替えのTシャツ
  • 保険証(コピーでも)・身分証明書
  • テント(日帰りの野外ならナシでも)

チケット・現金・スマホは必須ですが当たり前過ぎて書いてません。

チケットもお金もナシにどうやってフェスで楽しむのか・・・。

方法はあるかもしれませんが、オススメしません。

特に帽子・合羽・タオル・変えのTシャツは必須。

急な雨や動きまわったりした後に拭くためにタオルは捨ててもいい物でOK。

良い物を持って行ってしまった場合、ドロなどが付くとテンションがた落ち。

後は飲み物が切れていたり混んでいる可能性を考慮して、凍らせたスポーツドリンクも。

案外、見落としがちなのが保険証。熱中症・脱水症状に掛かる可能性もありますからね。

実はあると便利だったりするもの

  • ジップロック・ゴミ袋・レジャーシート
  • 長靴・防寒着・ポーチや小さめのメッセンジャーバッグ
  • 常備薬・バンソコウ・ペットボトルホルダー
  • 紙とペン(サイン用)・お菓子

ジップロックは袋タイプ。デジカメ・スマホ・財布を雨から守れます。

ゴミ袋は45Lの大きめなものでも、コンビニ袋でもどちらでも。

ゴミは持ち帰りですし、リュックなどに汗を染み込ませたくないでしょ?

靴は履き慣れたスニーカーを用意しておくのがベスト。

女性の場合は決してヒールで行こうなんて考えないほうがいいです。

友人が間近で地獄を見ていましたから。

防寒具は長袖・七分袖。山に近い場所は寒暖差も激しいため持って行きましょう。

それと、お菓子は溶けやすい・腐らない物ならなんでも。

ぬるくてもいいなら、ウィダーinゼリーとかオススメ。

紙とペンはたまーに目当てのアーティストに遭遇する可能性を考慮して。

最悪、帽子とか紙コップでもいいんじゃないかな?

雨対策について

2014-05-23-04

雨については合羽、と書きました。

しかし、合羽以外にも薄手のウィンドブレーカーなどがあります。

出来れば、上下ともに揃えておくのが一番いいです。

雨のせいで靴も体も濡れて、熱がドンドン奪われます。

出来ればでいいので、上下・長靴共に一応用意しておきましょう。

帰ってきて、夏風邪を引いてつらい思いをしないためにもね。

泊まりがけで参加の場合

2014-05-23-03

ホテルに泊まる際には、普段から自分が使っている身の回りの品々。

女性なら、スキンケア商品も持って行くといいでしょう。

100均でもいいので、詰替え用ボトルなどで滞在ホテルに置いておくと便利。

泊まりがけの場合はツアーやフェス向けのホテルのメルマガなどがあるので要確認。

いくつかの代理店などに電話やメール確認を取ることもいいですね。

Sponsored Link

夏フェスに始めて行くなら雑誌などで雰囲気を掴んでおく

毎年恒例になっていますので、5月の終わりくらいからちょくちょく掲載されます。

そこで、初心者はどんなことが開催されているかなどの雰囲気を掴むといいです。

参考にしかならないとはいえ、知識のあるなしは大違い。

行ってつまらない、と感じないためにも動画でもいいのでチェックしておきましょう。

行われるフェスによっては、上記の持ち物がいらなかったり足らなかったりしますから。

また、1人で行く場合は持ち物が必然的に多くなったりします。

出来れば友人たちと楽しみながら行きたいものですね。

気をつけたいことについて

フェスに行くなら、見たいアーティストの時に前に居たい。

場所を事前に取りたい気持ちもわかりますが、それは止めておきましょう。

タイムテーブルというものが存在するので、事前確認は必須。

また、楽しくてはしゃぎ回るのもわかります。

しかし、周りの人にぶつかったりしたら迷惑。

周りをしっかり見渡すことも必要ですのでお忘れなく。

まとめ

持ち物と、その解説が多かったですが、一番は楽しむ事。

夏の開放的雰囲気で楽しむライブは箱のライブとはまた違った感覚を味わえます。

今年は初めてだから、後ろでちょっと観戦気味に・・・とか。

ここのサイトの必須物持っていったけど邪魔だったイラナイなど。

失敗しても楽しむのが野外フェスを楽しむ最大の秘訣です。

私はもうあんまり、参加できなくなってきています。

友人が家庭を築いていたり、会社の休みが取れなかったり。

今年は無理でも、来年は1人でも参戦してみようかな。

Sponsored Link

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー