乱暴な子供の原因は何?対処についてはタイムアウトを試してみよう

公開日: : 最終更新日:2015/07/19 ニュース・生活・文化など

子供時代を思い返すと
そこまで親への反抗心が強くなかった気がします。
少しくらいは反抗していましたが、暴力的なことはありませんでした。

どうやら、『暴力的』な子供ほど健全・・・らしい?

Sponsored Link

自分の子供時代と照らし合わせると

暴力を誰かに振るったり、物を壊すような人間ではなかったです。
ただ、4歳位には何度か家の中でバットを振って
小さなガラスをいくつかバットで割ったりしくらい。

2014-01-16-20

決して暴力的じゃなかった・・・はず。

今日、目に止めたニュースがこれ。

専門家が太鼓判!実は「乱暴な子ども」ほど健全だった

■1:モノを壊す

モノを投げつけたり、わざと床に落としたり、少し年齢が上がると何でも
分解しようと試みたりなど、子どもの破壊行動に
「ギャー!」と悲鳴を上げたことはありませんか?

おっ?と思いたくなるような内容です。
実は1番目に当てはまるのが私。
ガラスを割るのもそうでしたが、何かにつけ分解してました。

組み立てられるかは知りませんでしたけどね。
とにかく、古い機械や壊れた物をどうなっているか調べたかったんです。
おかげで一台ファミコンを壊したこともありました。

流石にあれは怒られました。

どうでしょう、身に覚えのある方いますか?

暴力的な子供の原因は様々

例えば、親が手などに軽い傷を負う程度なら
ガミガミ怒鳴らないで優しく接して諭してあげてください。
その暴力的になる『何か』が必ずその子の中にあります。

2014-01-16-19両親から認められない、子供ながら望み通りにいかない、
自己表現が未熟、エネルギーが有り余っている、などなど。
いくつもいくつも挙げられますね。

これが家の中や自分たちにしか害が及ばない状態ならば問題なし。
問題は公共施設。

近年、何もしないで放置しっぱなしの親をよく見かけます。
自分たちが子供時代だと速攻怒られたものです。
静かにしていないと帰ったあとが怖かったですから。

 

だからと言って大声で怒鳴って叱るのもなんだかな。
そういう人は大抵、その場所がどういう場所か
子供に説明していません。

子供は小さいながらもバカじゃない。
そこがどういう場所かを親が理解させてあげれば、
少しずつ理解が深まってくれます。

アメリカだとあえて一人にしておく

この行為をタイムアウトと呼びます。
アメリカでは公共の場で怒鳴ることをせず、
子供に耳打ちして静かな場所へ連れて行きます。

2014-01-16-18

ショッピングモールでしたら、一旦会計を済ませて
自分たちが乗る車へ移動する感じですね。

そこで何をするかというと、子供に反省をさせる。
それと同時に親も子供も頭を冷やして冷静な状態で
話し合いを進ませるようにするんです。

家の中だとキッチンの隅やリビングなどの一角に
タイムアウト用のスペースを持っているらしいですよ。

 

このタイムアウトの時間は子供の年齢=タイムアウトの時間。
3歳なら3分、5歳なら5分というように年齢が上がるに連れて
タイムアウトの時間も伸ばしていきます。

その後、お互いがクールダウンしてから
ゆったりとしつけが始まっていきます。

タイムアウトが上手くできない

最初は上手くいかないのも当然。
そんな習慣がありませんからね。
その習慣の作り方は『慣れ』させること。

 

例えば、子供がタイムアウトコーナーから逃げたら?

何回でも連れ戻します。
5回10回20回….100回でもね。
その間の時間はストップ。

子供が泣いている場合も
親はただ静かに見ていて時計も止めておきます。
子供が泣き止んでから、時計を進めましょう。

子供に対して「あ、今日はヤバイ」と思わせたら勝ち。

 

子供は親の弱点を握るのにかけては天才的。
孫が可愛い祖父母なんかは会った瞬間イチコロですし。

 

この方法、試してみませんか?
子供も親も疲れないで済むいい方法だと思います。

Sponsored Link

Message

  • アラサーに片足を突っ込みました。色々と備忘録的なブログになっています。なので、流行りを追ったり、芸能やゲームにニュースなども取り上げています。何気にイベントなども行く、かな?詳しくはプロフィールを御覧ください。
  • follow us in feedly
    twitterでフォロー